ロゴ

美容情報局

目のクマの原因と対処法についてお教えします

疲れた印象を与えてしまう目のクマ

目のクマは顔色も悪く見えるし、実年齢より老けて見られてしまったという経験はありませんか?目のクマはなぜできるのでしょうか。さまざまな疑問についてお答えします。

目のクマについてのQ&A

なぜ目のクマはできるのか

寝不足や疲れが溜まっているときに出てくるのが目のクマです。なぜ目の下にクマができるのかというと、その原因は薄い皮膚にあります。目の下は他の皮膚に比べて薄く、毛細血管の色がそのまま透けて見えるため、疲れなどが原因で血液の色が濁ってしまうとそれが目のクマとしてでてきてしまうのです。

疲れていないのに目のクマができてしまっている

正常に肌のターンオーバーができていないと、メラニンが原因で目のクマができてしまっている可能性があります。また、涙袋や目の下のたるみの影が原因でクマができてしまうこともあります。

クマを悪化させないようにするにはどうしたらいいか

クマができる原因は、「睡眠不足」「スマホやPCの見すぎ」「偏った食生活」「ストレス」などがあります。クマを悪化させないようにするには、規則正しい生活をし、これらの原因を取り除くようにすることが大切です。

どうやって目のクマを予防できるのか

まず、睡眠を充分に取ることが大切です。そして、血液の循環をよくすることで目のクマを予防することができます。しかし、目の周りは皮膚が薄くなっているため、擦ったりするようなマッサージはおすすめしません。蒸しタオルなどを目の上に置き、血行をよくするようにしましょう。

できてしまったクマを隠すには

目のクマは、ファンデーションやコンシーラーを利用してメイクをすることで隠すことができます。しかし、クマの原因がメラニンの場合は、色素沈着を防ぐために外出するとき以外はなるべくメイクを控えることをおすすめします。

目のクマの原因

化粧品

目のクマは病気の可能性も

目のクマは、寝不足や血行不良などが原因でできてしまう場合が多いです。しかし、病気が原因で目のクマができてしまう可能性もあるので注意が必要です。

疲れやストレスでも

目のクマは、疲れているときやストレスが原因の場合もありますが、ひどい疲れやストレスが溜まってしまうと神経系にも影響が出てしまいます。また、胃腸の病気や精神の病気などの原因も考えられるので注意しましょう。

改善されない場合は病院へ

たくさん睡眠を取るようにしても、目のクマが改善されない場合は早めに病院へ行き、医師の診断をきちんと受けることをおすすめします。